メール設定の追加

弊社レンタルサーバサービスで登録されたメールアドレスの利用はパソコンのメールソフトから行います。ここでは、OutlookExpress6へのメール設定方法をご説明します。

OutlookExpress6のメール設定の追加方法

  1. コントロールパネルへ管理者権限でログインし、該当のメールのパソコン設定情報を確認してください。
    パソコン設定情報の確認方法はメールのパソコン設定情報確認方法をご参照ください。
  2. [OutlookExpress]アイコンをクリックします。
  3. OutlookExpressが起動しますので、メニューバーの[ツール(T)]から[アカウント(A)]をクリックします。ただし、初回起動時の場合、自動的に「表示名(D)」を入力する画面が表示されますので下記5へ進んでください。
  4. [インターネットアカウント]画面が表示されますので、 [追加(A)]ボタンをクリックし、[メール(M)]をクリックします。
  5. [インターネット接続ウィザード]の[名前]画面が表示されますので、[表示名(D):]へご希望の表示名を入力し、[次へ(N)]ボタンをクリックします。
  6. [インターネット電子メールアドレス]画面が表示されますので、[電子メールアドレス(E):]へ設定するメールアドレスを入力し、[次へ(N)]ボタンをクリックします。
  7. OutlookExpress6以前のバージョンでは、表示画面が異なります。[既存の電子メールアドレスを使用する]をチェックし、[電子メールアドレス(E):]へ設定するメールアドレスを入力します。
  8. [電子メールサーバー名]画面が表示されますので、下記の設定項目を入力し、[次へ(N)]ボタンをクリックします。
  9. 項目 設定内容
    受信メールサーバーの種類(S): POP3を選択
    受信メール(POP3、IMAPまたはHTTP) サーバー(I): 弊社受信メールサーバ名を記入
    ご契約プランのドメインの種類によって下記のとおり異なります
    「独自ドメインのプラン」の場合:mb-b.ryucom.ne.jp
    「共有ドメインのプラン」の場合:mail.ryucom.ne.jp
    ※「パソコン設定情報確認方法」にてご確認ください。
    送信メール(SMTP)サーバー(O): 弊社送信メールサーバ名を記入
    全プラン共通:smtp.ryucom.ne.jp
    ※「パソコン設定情報確認方法」にてご確認ください。
  10. [インターネット メールログオン]画面が表示されますので、下記の設定項目を入力し、[次へ(N)]ボタンをクリックします。
  11. 項目 設定内容
    アカウント名(A): メールアドレスを入力
    例)taro@ryucom.ne.jp
    ※@マークの左側の文字列だけではエラーになる場合があります。
    パスワード(P): メールアドレスのパスワードを入力
    ※「パソコン設定情報確認方法」にてご確認ください。
    パスワードを保存する(W): チェックする
    セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)を使用する(S): チェックしない
  12. [設定完了]画面が表示されますので、[完了]ボタンをクリックします。
  13. [インターネットアカウント]画面が表示されます(表示されない場合は上記3の手順)ので、[メール]タブを開き該当の設定名をクリックしたのち[プロパティ]ボタンをクリックしてください。
    OE(メール追加完了)
  14. [プロパティ]画面が表示されますので、[サーバー]タブをクリックし、[このサーバーは認証が必要(V)]をチェックし、[設定(E)]ボタンをクリックしてください。 ※その他の設定項目(受信メールPOP3や送信メールSMTP等)については、いままで設定いただいた内容になりますので、設定変更不要です。
    OE(プロパティ変更-サーバTAB)
  15. 下記のとおり「受信メール サーバーと同じ設定を使用する(U)」となっていることを確認し、[OK]ボタンをクリックしてください。
    OE(プロパティ変更-サーバTAB-送信メール サーバー)
  16. 次に、[詳細設定]タブをクリックし、下記の設定を変更してください。設定変更後、[OK]ボタンをクリックしてください。
    OE(プロパティ変更)

    項目 設定内容
    送信メール(SMTP)(O): 587番 (初期25ですが変更してください!)
    ※弊社接続サービスでメール送信を行われる場合は25番ポートのままでもメール送信可能ですが、他社プロバイダ接続で弊社メールをご利用の際には587番(サブミッションポート)へ変更してください。
    このサーバはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(Q): チェックしない
    受信メール(POP3)(I): 110番 (初期) ※POP3overSSL通信の場合995
    【補足】下記の「このサーバはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(C):」へチェックすると、セキュリティが強固な「POP3 over SSL」通信で暗号化されメールを受信を行え、995番へ自動的に変更されます。しかしながら、「POP3 over SSL」通信は、ウイルス対策ソフトでのメールスキャン機能が有効にならないなどございますので、ご利用の際はウイルス対策ソフト販売元にご確認ください。
    このサーバはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(C): チェックしない(初期) ※POP3overSSL通信の場合チェックする
    ※受信メール(POP3)(I):チェックするとセキュリティが強固な「POP3 over SSL」通信でメールを受信できます。
    サーバーのタイムアウト: 1分 (初期)
    ※インターネット接続回線が低速なダイヤルアップなどで、メール受信に時間がかかりタイムアウトする場合は変更してください。
    サーバーにメッセージのコピーを置く(L): チェックしない(推奨)
    ※ チェックした場合は、メール受信を行っても、弊社受信メールサーバにメールが残ります。弊社受信メールサーバのメールボックスの容量がご契約の容量を越えると、新しいメールが受信できない等の問題が発生します。
  17. 再び、[インターネットアカウント]画面に戻りますので、[閉じる]ボタンをクリックして画面を閉じてください。
  18. 以上でメールアドレス追加の設定は完了です。メール送信/受信方法のページをご参照いただき、メールをご利用ください。
  • コントロールパネル